九州大学 学内共同教育研究施設

生物環境利用推進センター   Biotron Application Center

 

【メニュー】


トップページ


施設紹介

人工光グロースチャンバ

高輝度人工光グロースチャンバ

ファイトトロン・ガラス室

高天井ファイトトロン・ガラス室

遮光カーテン付ファイトトロン・ガラス室

植物防疫法対応ファイトトロン・ガラス室

昆虫飼育室

魚類・両生類等動物飼養室


学内共同利用と研究支援


共同研究等


教職員


リンク



トップページへ戻る
 

九州大学 生物環境利用推進センター

九州大学 生物環境利用推進センターは,生物環境調節実験室を学内共同利用に供して生物学・生命科学の研究を支援し、 その実用化を橋渡しすることを目的に設置された学内共同教育研究施設です。

生物学・生命科学の研究では、しばしば厳しい法的規制下で物理的に封じ込められた閉鎖的な実験空間で実験生物材料を適正に取り扱うことが求められます。その実験の場では、環境条件を厳密にコントロールすることによって再現性のある正確なデータを得ることが可能となります。生物環境利用推進センターは、人工的に制御した環境を作り出す「生物環境調節実験室」を有しており、このような研究に携わる九州大学の教員、学部学生および大学院生に実験の場を提供しています。

植物用の環境調節実験室は温度、水分、光、風、ガス組成など植物をとりまく物理的要因を人工的に制御することができ、植物由来有用物質生産などで植物機能を実用的に活用するための展開・橋渡し研究や、植物工場の技術開発の場となります。また、同様の概念で設計した昆虫用、魚類・両生類・は虫類用の環境調節実験室も有しています。当センターではこれらの研究を支援することによって、学術研究から産業技術開発までの様々な領域へ、制御環境の利用拡大を図ります。これが「生物環境利用推進」の理念です。研究支援においては、センターの専任教員とともに関連部局等から参画する複担・協力教員を加え、それぞれの専門性を活かした広範囲の学術領域を網羅しています.

BAC 外観


【アクセス】
生物環境利用推進センターは九州大学伊都地区ウエストゾーン,農学系エリアにある「AG10」と明示されているキューブ型の建物です.
周辺略図


当センターへのお問い合わせ等はこちらの連絡先へ:
【連絡先】 〒819-0395 福岡市西区元岡744
九州大学 生物環境利用推進センター
E-mail: seikan@agr.kyushu-u.ac.jp